薬剤師&鍼灸師がコーディネートする“なりたい私”の基礎作り

東洋医学の視点から薬剤師&鍼灸師が毎日を快適に過ごすちょっとしたセルフケア法をお伝えしています。

立春。東洋医学からみる春の過ごし方

2月4日は立春(りっしゅん)

春の始まりです。

 

今日はそんな春を快適に過ごすための東洋医学的な過ごし方をお伝えします。

 

立春とは

春の気たつを以て也   (暦便覧より)

 

まだまだ寒いですが、万物が目覚める頃

 

立春は、二十四節気の1つで1年の最初の節気になります。

二十四節気とは、もともとは中国で作られた暦で1年を24当分してそれぞれに名前を付けたものです。

 

立春とは日のことでもありますが、2020年で言うと2月4日〜2月18日までの15日間の期間のことでもあります。

(その年によって多少変動があります)

 

立春は暦の上での始まりにもなるので、♪〜夏も近づく八十八夜〜♪の八十八夜は立春から数えた数になります。

 

五行(ごぎょう)とは

東洋医学では物事をバランスでみます。

自然界や人の身体を“木・火・土・金・水”の5つの要素にグループ分けしてみることがあります。

これを五行と言います。

f:id:haruyui_rie:20200128083058j:image

 

春は木のグループに入っていて、風、肝、怒、目、爪なども同じ木のグループに入ります。

※「五行式体表」で検索すると何がどのグループに入るかいろいろ書いてあります☆

それぞれの季節では、同じグループに入る物事に良くも悪くも影響を与えたり影響を受けやすくなります。

 

例えば、春は風に影響を受けやすくなります。

風に影響を受けすぎて、その風が悪さをすると風の邪気と書いて風邪(ふうじゃ)というものになります。

そうするといろいろ嬉しくない症状が出やすくなります。

いわゆる風邪や頭痛、花粉症なども風邪(ふうじゃ)によって起こりやすいと言われています。

 

五行に基づいて、その他春に起こりやすい症状をあげてみます。

☑︎イライラや情緒不安定

☑︎目の疲れ

☑︎爪がもろくなる

☑︎筋肉がピクピク

 

春の過ごし方

肝の気

春は肝の気に影響を受けやすくなります。

肝の気が高ぶると上へ上へと上がりやすくなります。

すると、身体の上の方のバランスが崩れて肩がこったり頭や目に不調が来やすくなります。

うまく“気”が巡らないので、イライラや冷えも起こりやすくなります。

目の疲れケアについて詳しく知りたいかたは【目の疲れ】あずきやクルミで目をいたわる鍼灸師おすすめセルフケア法 - 薬剤師&鍼灸師がコーディネートする“なりたい私”の基礎作りにまとめてあります。

 

“気”の流れをよくする簡単な方法は深呼吸

溜まった“気”を吐き出して、新しい空気を送り込んで“気”の流れを良くしてくれます。

そして、深呼吸は多くの酸素を血液に送り込んでくれます。

さらに、横隔膜も大きく動かすので内臓全体も刺激されて活発になって“血”の巡りもよくなります。

 

その他に“気”の流れをよくするケア法は【イライラ対策】薬剤師・鍼灸師がおすすめする東洋医学的☆解消方法 - 薬剤師&鍼灸師がコーディネートする“なりたい私”の基礎作りに書いてあるので読んでみてください。

また、肝の経絡や肝とペアになっている胆の経絡は脇腹のあたりを通っています。

脇腹をもみもみして刺激してあげるのもいいと思います。

ついでに脇の前後をマッサージするのも肩こり防止になるのでオススメです。

 

陽の気 

春は陽の気がますます強くなっていきます。

まずは少しずつ早起きを心がけていって、朝日を浴びて陽の気を身体にも取り込みましょう。

 

そして、ここでのキーワードは『緩』『解毒』『外へ』

 

陽の気が高まると身体はゆるゆる緩まってデトックスモードになります。

 

そんな身体のモードの変化に合わせて、身体をゆるめることを意識してみてください。

ぐーっと身体を伸ばしてストレッチしたり、ストレスのない素材や少しゆったりめの服を着たり

 

そして、薬膳では苦味のあるものはデトックスを助けると言われています。

ふきのとうやたらの芽のような山菜なんかは苦味もあって旬だしオススメです。

お茶だとよもぎ茶なんかがいいと思います。

私はレモングラスと混ぜて飲んでます。

f:id:haruyui_rie:20200212140510j:plain

 

陽のエネルギーは外へ外へと向かいます。

私たちの気持ちも自然と外へ外へと向かっていきます。

例えば、『〜したい』という気持ちややる気を尊重して否定しないのも大切です。

自分だけじゃなくて相手の気持ちもね。

 

春は風邪(ふうじゃ)に要注意

風の邪気は風門(ふうもん)から入ると言われます。

風門は肩甲骨の間あたりにあります。

 

なので、特に背中を冷やさない事は大切。

上着やスカーフ、リュックなどは着脱もしやすくていいと思います。

 

最後に

節分が終わるともう暦の上では春です。

春は始まりの季節。

豆まきで邪気祓いをして、始まりの季節を晴れやかに過ごせるように、不調が起きる前にほんの少しだけでも気にかけて養生してみてください☆

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村