薬剤師&鍼灸師がコーディネートする“なりたい私”の基礎作り

東洋医学の視点から薬剤師&鍼灸師が毎日を快適に過ごすちょっとしたセルフケア法をお伝えしています。

啓蟄(けいちつ)とは?啓蟄の頃の過ごし方

2020年3月5日は二十四節気の啓蟄(けいちつ)という日。

 

虫たちが土から顔を出し始める頃。

 

啓蟄は日のことでもあり期間のことでもあります。

  • 2020年3月5日
  • 2020年3月5日〜2020年3月19日

 

今日はそんな啓蟄の頃の過ごし方をまとめてみました。

 

啓蟄(けいちつ)とは?

陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり(暦便覧)

 

啓蟄の1つ前の雨水では、大地や植物が目覚め始めましたが、啓蟄は虫や動物が目覚めて動き出します。

 

やっと目でも春を感じられる季節になります。

例えば、3月3日におひなさま(桃の節句)でしたが、桃の花も咲き始めます。

※実際は旧暦ですが…

二十四節気をさらに細かくそれぞれ3つずつに分類した七十二候というのがあります。

ちょうど啓蟄の2番目の候が『桃始笑』

これは『ももはじめてさく』と読みますが、桃が咲き始めますよーということ。

咲くを笑うという字なのがなんとも可愛らしくてつい使いたくなります。

 

啓蟄(けいちつ)の頃のキーワードは『風』

虫たちが動き始めて春らしくなってくるのと同時に、春一番など風とともに春の訪れがやってきます。

そう、春は風の季節でもあるのです。

風って常に動いて留めることはできません。

春の風と共に私たちの身体の中にも風はやってきます。

そしてその風に影響されやすくなります。

その風が悪さをすると風の邪気、風邪(ふうじゃ)になります。

 

風の特徴

その前に東洋医学の考えでは、自然界で起きることが身体の中でも起こりやすくなると考えます。

そんなこともふまえて風の特徴です。

 

下から上へ

風が吹くと舞い上がります。

私たちの身体も下より上の方に不調が起きやすくなります。

 

陽の気

春は陽の気が増えてきています。

そんな中の風は熱を帯びています。

ということは、私たちの身体の中にも熱を帯びやすくなります。

うまくその熱が発散できないと、顔のほてりや頭痛、鼻水鼻詰まり、目の充血などが起こりやすくなります。

 

動く

風は常に動いています。

そして速い。

それと同じように、私たちの身体の症状もあちこち動きやすくなります。

症状自体が変化することもあるし、痛みがあちこち移動することもあります。

 

そして、筋肉の痙攣など速い動きの症状も出やすくなります。

動くという意味では、めまいなどもこの時期多くなります。

 

心もゆらゆら不安定になりやすいです。

イライラしたり不安になったり情緒不安定にやりがちです。

 

啓蟄の頃の過ごし方のポイント

啓蟄の頃は先程挙げた風とうまく付き合うことがポイントです。

 

気を降ろす

風とともに上へ上がりやすい気。

そんな時は足を温めて気を降ろしてあげます。

少しずつ薄着になってくるとは思いますが、足もとはまだ素足は控えましょう。

足が冷えたなと思ったら足を揉んであげるのもいいと思います。

 

熱を冷ます

熱を冷ますといっても身体を冷やすわけではありません。

身体の中の熱を冷ますには苦味のものを。

春は苦味のものがたくさん旬になります。

山菜やたけのこ、菜の花、新ごぼうなど。

 

揺れ対策

心でも身体でも揺れ動くときはまず深呼吸

そして身体をぐぐぐっと伸ばしましょう。

 

イライラしたり心の揺れの場合は、香りがおすすめです。

アロマやハーブティーなどは“気”の巡りを良くしてリラックスにも繋がります。

関連記事↓

【迷ったらこれ!】本当に使える精油5選 - 薬剤師&鍼灸師がコーディネートする“なりたい私”の基礎作り

【気分の浮き沈み】薬剤師が作るハーブティー『Smile』で心のケア - 薬剤師&鍼灸師がコーディネートする“なりたい私”の基礎作り

 

自然を受け入れる

なんでも自然には敵いません。

春は上に挙げてきたものがどうしても起こりやすくなります。

今はこういう時期だからしょうがない。

そう思って淡々と毎日過ごすのも大切です。

あまり必死になりすぎないという感じです。

 

まとめ

最後の“受け入れる”はガクッとなった方もいらっしゃるかもしれません。

でも相手は自然。

敵わないものは敵わないものです。

その中でいかに自分らしく楽しめるかも大切だと思います。

そのためにもできるケアはしておきたいですよね。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村